家屋解体の相談ならエキスパートにしよう【解体のことならプロ】

家を取り壊す時のポイント

作業員

付帯設備の撤去費用も必要

大阪で家屋解体を行う場合に気をつけることは、周辺住民への配慮をすることです。大阪のような大都市では住宅密集地が多いため家屋解体のような工事を行うと、ホコリが周辺に飛び散ったり騒音で迷惑をかけることになります。業者を選ぶ時にはその点の配慮がしっかりできる所を選ぶようにします。大阪にはたくさんの家屋解体工事を請け負う会社があり、それらの会社は地元の工事に慣れているので周辺住民への配慮面では安心できます。しかし地元以外の業者の場合、勝手が違うのでその点の不備がある場合があります。できれば大阪のような場所で家屋解体工事を行う時は、地元の業者の方が安心できます。また家屋解体で多くの人が不安なのは、適正な料金かどうかという点です。家屋解体のような工事は一生に一度あるかないかなので、どのくらいの費用がかかるのか把握しにくいのです。平屋と2階屋でも料金が違いますし、屋根に太陽光パネルが設置してあるだけで料金が変わってきます。工事を依頼する前に、必ず複数の工事業者に見積もりを出してもらうようにします。一般的な目安としては、建物1坪あたり2万円から3万円です。これは木造住宅の場合ですが、鉄骨住宅や鉄筋コンクリートになると多少高くなります。これは床面積ですが、その他に付帯設備の撤去や処分費用などが加算されます。業者によっては安い値段の所もありますが、付帯設備の工事については別料金になっている場合があるので事前確認が必要です。

Copyright© 2017 家屋解体の相談ならエキスパートにしよう【解体のことならプロ】 All Rights Reserved.